ダイビングインストラクターを目指すならNagi!

Nagiプロダイバーコースでは本気でダイビングインストラクター(PADIインストラクター)を目指す方に向けて、費用のかからない育成コースを展開しております。 ダイビングインストラクター取得費用をすべてNagiが負担しますので受講生は無料で受講できるのに加え、毎月、補助金を支給いたします。また、寮も利用いただけますので生活の心配なくダイビングインストラクター取得に集中していただけます。

インストラクター開発コース(IDC)とは

PADIコースディレクターの元で開催されるインストラクター開発コース(以下:IDC)です。 インストラクター開発コースは「アシスタント・インストラクター(AI)」と「オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)」の2つから構成されており、これらを連続して組み合わせたものがIDC(インストラクター開発コース)となります。

AI(アシスタントインストラクターコース)
アシスタントインストラクターコースは、IDCで最初に学ぶコースです。学科に加え人に教えるスキルを学びます。このコースを受講するには18歳以上でPADIダイブマスターの取得者、60ダイブ以上の経験が必要になります。PADIアシスタント・インストラクターになると、プールでの体験ダイブなどいくつかのコースを実施する事ができます。

OWSI(オープンウォータースクーバインストラクター)
ダイビングインストラクターになるための最終コースがOWSIです。インストラクターとして必要なスキルをすべてここで習得します。このコースを受講するには18歳以上でPADIダイブマスターの取得者、60ダイブ以上の経験が必要になります。OWSI(オープンウォータースクーバインストラクター)プログラムを終了すると、いよいよIE(インストラクター試験)になります。

IE(インストラクター試験)
インストラクター試験は、「筆記試験」「知識開発プレゼンテーション」「限定水域」「オープン・ウォーター」の4つのセクションで構成されています。受験資格はダイバー認定を受けてから6ヵ月以上で100ダイブ以上の経験が必要になると共に、IDC/OWSIプログラム修了日から1年以内の方です。IEに合格すると、いよいよダイビングインストラクターとしてPADIディスカバー・スクーバ・ダイビングからPADIダイブマスター・コースまで幅広いプログラムを実施することができます。

2019年度 PADIインストラクターコース受付中!無料で取得できます!




無料でダイビングインストラクターになれる

Nagiのサポート制度

ダイビングインストラクターになるには多額の講習費用が通常必要です。Nagiが行うプロダイバー育成制度では、受講費用をすべてサポートするので無料でインストラクターになれます!インストラクターとしての経験を積むための現場研修を業務の一部とする事で、受講生は講習費用の負担をすることなくPADIインストラクターを取得いただける制度です。しかも毎月7万円の補助金を支給しておりますので、講習期間中の生活費にも困りません。(寮も完備!)詳細はこちらをご覧ください >>

ダイビングスタッフ募集 PADIインストラクター資格を取得するメリット ダイビングインストラクター・ダイブマスター資格の取得 受講費用は全額建て替えで無料!